栄養ドリンクの気になる効果・効能について

栄養ドリンクの気になる効果・効能について

 

栄養ドリンクに主に含まれている成分表

 

管理人のキヨ美

 

こちらのページでは栄養ドリンクや精力ドリンクに多く利用されている

 

原材料および成分について、それぞれの効果・効能などを簡単に説明しています。

 

 

「精力増強系」のドリンク剤に多く配合されている強壮原料

 

「滋養強壮ドリンク剤」に多く配合されている成分をチェック♪

 

 

下記の成分名をクリックするとそれぞれの説明文に移動します。

 

 

 

 

 

■「精力増強系ドリンク」に多く配合されている強壮原料

 

マムシ マカ 亜鉛酵母 カンカ 田七人参 コブラ 牡蠣
トンカットアリ 霊芝 高麗人参 冬虫夏草 エゾウコギ 発酵黒ニンニク ガラナ
カフェイン スッポン サソリ ローヤルゼリー アルギニン L−シトルリン

 

 

■「滋養強壮ドリンク」に多く配合されている有効成分

 

タウリン カルニチン塩化物 ベンフォチアミン ビタミンB2 ビタミンB6
無水カフェイン オウセイ アスパラギン酸 ニコチン酸アミド イノシトール

 

 

 

栄養ドリンクに利用される原料(成分)の効能・効果

 

 

マムシ

 

マムシは日本に昔から生息している毒蛇で、その中でも体表の赤いマムシは「赤マムシ」といい重宝されてきました。

 

マムシエキスはアミノ酸が豊富で、ホルモンの分泌促進や血圧の正常化などの働きがあります。

 

漢方ではマムシの皮と内臓を取り除き、乾燥させたものを「反鼻(ハンピ)」、胆嚢を乾燥したものを「蛇胆(じゃたん)」と呼びます。

 

どちらも強精・滋養強壮に効くと言われており、胃腸障害にも効果があるといわれています。

 

一覧に戻る

 

マカ

 

マカはアンデス高原に自生するアブラナ科マメグンバイナズナ属の宿根性植物で、紀元前よりアンデス先住民の間で薬草として利用されてきた歴史があります。

 

マカは強壮、性欲増強、疲労回復、生理不順、不妊症などに効果があるとされています。

 

臨床試験では1日1,500mg〜3,000mgのマカを8週間以上摂取することで性欲の顕著な向上が見られたそうです。

 

一覧に戻る

 

亜鉛酵母

 

亜鉛は身体の代謝や細胞分裂などの際に必要なミネラルです。

 

男性の性機能の改善や、精子の数を増やす効果などのほか、免疫機能を高める効果もあるとされています。

 

亜鉛酵母は酵母培養で生成された天然型ミネラルで、亜鉛含有量が高く、適切な量を摂取することで健康維持に役立ちます。

 

一覧に戻る

 

カンカエキス

 

カンカはハマウツボ科ニクジュヨウ属の寄生植物で“砂漠人参”とも呼ばれています。

 

カンカには「アクテオシド」という高濃度ポリフェノールが含まれており、抗老化の効能のほか滋養強壮効果に優れた生薬として臨床的に常用されています。

 

カンカ(カンカニクジュヨウの抽出物)を用いたラットの性機能増強に関する研究報告では、以下のような作用が確認されているようです。

 

血管拡張作用、抗疲労作用、抗酸化作用、更年期障害改善、認知症改善、肝保護作用、性機能増強

 

一覧に戻る

 

田七人参

 

田七(でんしち)人参は中国雲南省周辺を原産地とするウコギ科トチバニンジン属の多年草で、生産量が少なく、収穫まで3年から7年もかかるために「三七(さんしち)人参」とも呼ばれます。

 

一般的には根の部分が利用されますが、葉も茎も種も薬用として利用できます。

 

田七人参にはデンシチンというアミノ酸が含まれており、止血作用があることが認められています。

 

また、田七人参には「サポニン」が 高麗人参の約4倍も含まれており、サポニンには血液中のコレステロールを下げて血液の流れを良くする働きのほか、活性酸素を除去する効能があるとされています。

 

一覧に戻る

 

コブラ

 

コブラはタイ、ビルマ、フィリピンなど東南アジア一帯に広く分布するコブラ科の毒蛇で、昔から毒性の強いものほど強精・強壮・若返りに効果があると信じられてきました。

 

コブラの粉末や生き血、コブラ酒などは、勃起不全、病中病後の体力回復、妊婦の体力回復や、食欲不振、貧血など、健康増進のためとして今も各地で幅広く利用されています。

 

実際にコブラには強壮効果のあるアルギニンやスペルミンなどのアミノ酸のほか、精子を活発にするユビキノン(コエンザイムQ)という生理活性物質などが含まれており、カルシウムなどのミネラルも豊富ですので、滋養強壮、強靭な肉体づくりにも役立ちます。

 

一覧に戻る

 

牡蠣エキス

 

牡蠣エキスにはタウリンやグリコーゲン、亜鉛が多く含まれているのが特徴です。

 

タウリンには胆汁酸の分泌や肝細胞の再生を促進し、肝臓の働きを助けるほか、細胞を正常な状態に保ち続けようとする作用があります。

 

グリコーゲンはエネルギー物質として疲労回復に役立ち、肝臓の働きを助けます。

 

牡蠣エキスには亜鉛や銅などの金属ミネラルが豊富に含まれており、たんぱく質や核酸の代謝に関与しながら健康の維持に役立ちます。

 

一覧に戻る

 

トンカットアリ

 

トンカットアリは東南アジアの熱帯雨林に自生しているニガキ科の常緑低木の根っこで、別名「マレーシア人参」とも呼ばれます。

 

トンカットアリには高い抗酸化作用を持つ「サポニン」や「カッシノイド」という成分が含まれているのが特徴で、疲労回復、がんの予防、生活習慣病予防、不妊治療などなど、男性にも女性にも様々な効果が期待されています。

 

また、男性ホルモン活性化につながる「アルギニン」も多く含まれており、マカや朝鮮人参などと同様に、滋養強壮や精力増進薬として古来から愛用されています。

 

一覧に戻る

 

霊芝エキス

 

霊芝(レイシ)は高湿度の山地の樹木や切り株に自生する、サルノコシカケ科のキノコです。

 

霊芝の中で代表的かつ食用に適しているのは、赤霊芝,青霊芝,黄霊芝,黒霊芝,白霊芝,紫霊芝の6種類です。

 

その他にも和名でマンネンダケと呼ばれる「鹿角霊芝」などがあります。

 

霊芝は古くから貴重な漢方薬として利用されてきましたが、現在では人工栽培の方法も確立されており、冬虫夏草やアガリスクを配合した物など様々なカタチで商品化されています。

 

レイシの有効成分は、多糖類(βグルカン)とトリテルペンで、βグルカンは体内の免疫細胞である、T細胞やマクロファージを活性化させる働きがあります。

 

トリテルペンはガノデリックアシドとも呼ばれ、アレルギー反応を抑制し、花粉症やアトピー性皮膚炎を始めとする様々なアレルギー疾患に効果があるとされています。

 

霊芝は免疫力の調整作用があるとされていますが、短期間の摂取では効果は見られませんので、長期間とり続けられる商品を選ぶようにしましょう。

 

一覧に戻る

 

高麗人参

 

高麗人参は中国北東部から朝鮮半島を原産地とするウコギ科トチバニンジン属の根を乾燥させたもので、別名「朝鮮人参」や「オタネニンジン」とも呼ばれ、古来より様々な健康効果を持つ薬草として利用されています。

 

乾燥方法の違いにより「白参」と「紅参」があり、白参は4年物、紅参は6年物の高麗人参から作られます。

 

高麗人参エキスには疲労回復、病中病後の体力回復、滋養強壮、虚弱体質の改善、血糖値を下げる作用、記憶力低下の予防・改善、生活習慣病の予防・改善、血行促進、抗ストレス、冷え性改善、更年期障害の改善、性機能(勃起障害:ED)の回復、不妊、抗ガンなど、数多くの効果・効能があるといわれていますが、高麗人参の主な有効成分とされるジンセノイドの働きや仕組みの解明は、まだまだ研究途上にあります。

 

一覧に戻る

 

冬虫夏草

 

「冬虫夏草」とはセミやクモなどの昆虫に寄生したキノコの総称です。

 

ただし、中国で漢方生薬として珍重されるのは、コウモリ蛾の幼虫(イモムシ)に寄生したもの1種のみで、中国の青海、雲南、四川、チベットからネパールの高山帯にわずかに生息しています。

 

冬虫夏草には亜鉛、マンガン、セレンといったミネラル類が豊富に含まれており、β-グルカン(多糖体)は一般的なキノコの約100〜200倍と多く、古くから強精強壮・不老長寿の薬として珍重されています。

 

一覧に戻る

 

エゾウコギ

 

エゾウコギは、高麗人参と同じウコギ科の植物で、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素のほか、エレウテロサイドやイソフラキシジン、クロロゲン酸といった、医療分野でも注目されている成分が数多く含まれています。

 

エゾウコギの「エゾ」は、北海道の「蝦夷」に由来し、アイヌの人たちの間ではその優れた薬効から神聖な植物として扱われていました。

 

エゾウコギには様々な健康効果があるといわれていますが、中でも注目は脳内モルヒネと呼ばれる「β-エンドルフィン」という物質の分泌を促進する作用です。

 

β−エンドルフィンは免疫細胞を活性化し、体の免疫機能を高める働きをします。

 

一覧に戻る

 

発酵黒ニンニクエキス

 

にんにくを高温多湿の元で、約1か月ほど熟成させてやると、にんにくに含まれる糖質とアミノ化合物によるメイラード反応で自己発酵し、真っ黒になります。

 

これを一般的に「黒にんにく」と言いますが、「発酵黒にんにく」「発酵にんにく」「熟成にんにく」などと言われることもあります。

 

普通のにんにくと比べると、黒にんにくは見た目が真っ黒で特有の刺激臭が無く、成分にも変化が生じます。

 

メイラード反応によって抗酸化作用が高まることで免疫力の向上につながることが期待されるほか、S-アリルステインやポリフェノールは10倍近く増加し、コレステロールの低下、動脈硬化、心疾患の予防など様々な改善に期待が持てます。

 

また、普通のにんにくと違い、黒にんにくは甘酸っぱい香りで、特有の臭いがなく、ドライフルーツやプルーンのような感覚で日中でも気兼ねなく食べることができます。

 

一覧に戻る

 

ガラナ

 

ムクロジ科ガラナ属のつる植物である「ガラナ」は南米のブラジル・アマゾン川流域を原産地とし、種子の部分を薬用として使用します。

 

ガラナには、カフェインやタンニン、サポニンなどのアルカロイド類が多く含まれており、鎮痛剤や下痢、頭痛、片頭痛などの治療用に伝統的に使われてきました。

 

近年では、ガラナを配合したチョコレートが強壮剤の一種として販売されていますが、一般的には炭酸飲料であるガラナ飲料がよく知られており、ガムやタブレットに配合されたものなども販売されています。

 

一覧に戻る

 

カフェイン

 

カフェインは、コーヒーに由来して名付けられた苦み成分(アルカロイド)で、かつては抗炎症薬として用いられ、ぜんそくの予防薬としても利用されてきました。

 

カフェインは眠気を覚ます効果などが広く知られていますが、他にも「ダイエット(脂肪分解)」「冷え性予防」「むくみ予防」「アルツハイマー病の予防」「パーキンソン病の予防」などなど、多彩な健康効果があるとされています。

 

なお、カフェインには中毒性があり、1日の摂取量の上限は400mgとされていますので、多量の摂取には気を付けましょう。

 

妊娠中の方もカフェインの摂取は控えた方が賢明です。

 

一覧に戻る

 

スッポン

 

すっぽんは中国では古くから、精力・活力増大に効果がある不老長寿の薬として大事にされてきました。

 

膀胱、爪、胆嚢以外は全て食用となり、「土鼈甲」というスッポンの甲羅を乾燥させたものは、栄養ドリンクや精力剤製品として利用されています。

 

すっぽんには必須アミノ酸やビタミン類が非常に豊富に含まれているのが特徴で、滋養強壮・疲労回復に効果がある食材として広く知られています。

 

さらにアルギニンやアスパラギン酸といった非必須アミノ酸や、鉄分や亜鉛など生殖機能に必要不可欠なミネラル成分も幅広く含まれており、「滋養強壮」「造血」「精子の合成」の3つの観点から精力増強に役立つといわれています。

 

一覧に戻る

 

サソリ

 

サソリは主に熱帯や亜熱帯地方に生息しており、古来より強壮効果の高い食材として使用されてきました。

 

中国のサソリは、毒性はあまり強くなく、東南アジアでは中国系のサソリを中心に食材として広く養殖されています。

 

サソリを漢方薬にしたものを「全蝎(ぜんかつ)」と言い、強精に通じる肝臓強化、血管系や神経系の疾病の薬として利用されています。

 

また、サソリにはビタミンB群や亜鉛などのミネラル成分が豊富で、外皮には強精作用のあるβカルボリンが含まれており、中国、東南アジアでは漢方薬や強壮強精食品としても売られています。

 

一覧に戻る

 

ローヤルゼリー

 

ローヤルゼリーは働き蜂の体内で合成され、唾液腺から分泌される乳白色でクリーム状の栄養物質です。

 

蜂乳や王乳などとも呼ばれ、女王蜂と幼虫のみが食べることができるという特徴があります。

 

ローヤルゼリーには5大栄養素である、タンパク質、ビタミン、ミネラル、糖質、脂質のすべてがバランスよく含まれており、ヨーロッパでは最高級の栄養剤や精力剤として愛用されています。

 

虚弱体質、滋養強壮、免疫力の強化、成長の促進、細胞の再生、老化の防止、自律神経の調整、コレステロールを下げる、動脈硬化予防、高血圧の予防、肝機能を高める、更年期障害や女性ホルモンのバランスの乱れが原因で起こる症状、抜け毛・薄毛など、幅広い効果・効能があるとされています。

 

一覧に戻る

 

アルギニン

 

アルギニンは1886年にドイツのシュルツ博士がマメ科の植物の芽から発見したアミノ酸です。

 

漢方医学では強壮の強化、婦人病や肝炎によいとされ、アルギニンを多く含む食品には子牛肉、鶏肉、牛乳、えび、大豆、ごま、レーズン、玄米、チョコレート、オートミール、ナッツ類が挙げられます。

 

アルギニンは体内で合成されるアミノ酸ですが、成長過程の子供の体内では合成速度が遅いため、準必須アミノ酸として積極的に食品から摂取した方がよいとされています。

 

大人になると、アルギニンは十分量が体内で作られ、脳下垂体から分泌される成長ホルモンの合成を促します。

 

成長ホルモンは代謝、筋肉疲労の回復、肌の健康維持を助けますが、加齢とともに減少し、40代では約半分にまで低下します。

 

最近の研究ではアルギニンが不足することで、

 

■ 老化の進行
■ 身体の抵抗力の衰え
■ 老化病や生活習慣病
■ 感染症などへの免疫力低下

 

などに影響があると考えられています。

 

その他、アルギニンは精力や勃起機能の改善に効果があるといわれており、アルギニンが体内での一酸化窒素(NO)の生成を助けて、血流を改善させることで、精子の量や運動性をあげる効果が期待されています。

 

アルギニンは必須アミノ酸ではないので、一日の必要摂取量は定められていません。

 

アルギニンは肉、魚介類、大豆製品に多く含まれ、毎日の食事で動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく摂ることが大切です。

 

成長ホルモンは午後10時〜午前2時の間に多く分泌されるので、就寝前にアルギニンを摂っておくと効果が高まるとされています。

 

一覧に戻る

 

L−シトルリン

 

シトルリンは、1930年に日本の研究者がスイカの果汁から発見したアミノ酸の一種です。

 

シトルリンはスイカやキュウリなど、ウリ科の野菜に多く含まれており、L-シトルリンにはアルギニンと同じく、体内での一酸化窒素(NO)の生成を助けて、血流を改善させる働きがあります。

 

血流改善によって男性は「強壮」「筋肉増強」などの効果が、女性は「冷え性の予防や改善」 「むくみ・肩こりの防止」「ダイエット」などの効果が期待されています。

 

一覧に戻る

 

タウリン

 

タウリンは貝類(カキなど)やいか、たこ、魚の血合いなどに多く含まれる成分で、ヒトの体内では、筋肉、脳、眼の網膜、心臓や肝臓などの臓器などに高い濃度で含まれています。

 

タウリンには身体や細胞を正常な状態に戻そうとする作用(=「ホメオスタシス」)があり、胆汁酸の分泌を盛んにすることで肝臓の働きを助けるほか、肝細胞の再生を促進させたり、細胞膜を安定化する働きなどもあります。

 

ラットを使った実験では、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を和らげることが分かっています。

 

他にも、タウリンには血圧を正常に保つ働きや、悪玉コレステロールを下げるといった効果が見られますが、ヒトの体内では身体が必要とする量よりも少量しか合成できないため、食べ物や健康食品から積極的に摂取するようにしましょう。

 

一覧に戻る

 

カルニチン塩化物

 

塩化カルニチンは生体内に存在する有機酸の1種で、胃の運動を高める作用や胃液の分泌の促進、胃腸の血流増加などの作用があります。

 

塩化カルニチンは、胃腸の蠕動運動を刺激して正常な働きに戻す「整腸剤」の成分としても広く使用されており、栄養ドリンクなどにもよく利用されています。

 

一覧に戻る

 

ベンフォチアミン

 

ベンフォチアミンはビタミンB1の誘導体で、天然のビタミンB1より体内で利用されやすいようにした薬です。

 

神経機能や心筋代謝の障害を改善する作用、腸のぜん動運動を亢進する作用などがあります。

 

ビタミンB1欠乏症の予防や治療、ビタミンB1の摂取が不十分な際の補給のために用いられます。

 

一覧に戻る

 

ビタミンB2

 

「水溶性ビタミン」に分類されるビタミンB2は、炭水化物、タンパク質、脂質すべてのエネルギー代謝に必要な補酵素として機能しています。

 

ビタミンB2には皮膚や各器官の粘膜を正常に保つ働きもあり、正常な成長の促進には欠かせない栄養素の1つです。

 

肌のターンオーバーに大きく関わっているため、ダイエット食品や美容サプリメントなどにもよく利用されています。

 

一覧に戻る

 

ビタミンB6

 

ビタミンB6はたんぱく質を分解してアミノ酸にする酵素と、アミノ酸を別のアミノ酸に組み替える酵素の補酵素として、たんぱく質や脂質のエネルギー代謝に関与しています。

 

ビタミンB6が不足しいると、アミノ酸(たんぱく質)の代謝が滞り、肌荒れを起こしやすく、皮膚炎や口内炎、湿疹、じんましんなどの症状が現れるようになります。

 

ビタミンB6の効果・効能には、動脈硬化の予防、月経前症候群の軽減、神経細胞の興奮を抑える、などがあります。

 

一覧に戻る

 

無水カフェイン

 

中枢神経を刺激することによって眠気や疲労感をとり、頭の重い感じをやわらげる成分です。

 

薬の効果を高めることを目的として鎮咳去たん薬やかぜ薬、鼻炎用内服薬、解熱鎮痛薬、乗物酔い薬、ドリンク剤などに配合されます。

 

一覧に戻る

 

オウセイ

 

オウセイ(黄精)はユリ科カギクルマバナルコユリの根茎で、中国では古くから滋養強壮に用い方れてきた生薬です。

 

主成分は粘液多糖質で、カルボン酸やアスパラギン酸、ニコチン酸なども含まれています。

 

動物実験では、抗菌作用や動脈硬化の予防、血圧を下げる作用のあることが認められています。

 

一覧に戻る

 

アスパラギン酸

 

アスパラギン酸はアスパラガスに多く含まれるアミノ酸の一種で、利尿作用があり、有害なアンモニアを体外へ排出したり、体内でのグリコーゲン(エネルギー)の生成や肌の新陳代謝などを促進します。

 

また、アスパラギン酸はカリウムやマグネシウムを細胞内に運び、疲労物質である乳酸をエネルギーに変える手助けをするため、疲労回復にも効果があります。

 

アスパラギン酸はうま味を持つアミノ酸として、アスパラガスのほか、豆類やさとうきび、牛肉など、様々な食品に含まれています。

 

一覧に戻る

 

ニコチン酸アミド

 

ニコチン酸アミドとは、別名ナイアシンとも呼ばれるニコチン酸の化合物です。

 

タバコのニコチンとは別物で、皮膚の正常化や血中コレステロールを下げる、血行促進などの効果があります。

 

脂質の代謝を促進する働きもあり、1日に1500mgのナイアシン摂取で中性脂肪やコレステロール値が低下することが知られています。

 

ニコチン酸アミドはビタミンB1と共にアルコールの分解に密接に関わっており、必要量が足りていないと肝臓でのアルコールの代謝に手間取り、肝臓への負担が増してしまいます。

 

一覧に戻る

 

イノシトール

 

イノシトールは水溶性のビタミン様作用物質で、リン脂質の構成物質です。

 

以前はビタミンB群の一つに分類されていましたが、後の研究にて、他の栄養素でも働きが代用できることと欠乏症がないことが分かり、現在ではビタミン様作用物質として扱われています。

 

イノシトールは脂質の代謝を良くして肝臓への脂肪蓄積(脂肪肝)を防ぐ働きがあることから、別名「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれており、脂肪分の多い食べ物を好む人や、アルコールをよく飲む人にはおすすめの栄養素です。

 

他にも、神経機能を正常に保つ働きや、抜け毛予防・育毛・美髪効果も確認されており、摂りすぎによる過剰症の心配はないとされていますので、脂肪肝や動脈硬化を予防・改善したい人、コレステロール値が気になる人などのほか、薄毛や抜け毛が気になる人も、通常より多めに摂取した方が良いでしょう。

 

一覧に戻る

 

 


 

 

 

 

関連サイトのご案内 〜強くてモテる男になるためのおすすめコンテンツ〜

 

 

自分を磨いて強くてモテる男になろう!関連サイトをチェック!

 

モテる男になるための会話術
モテる男の【会話術】

モテる男になるための出会い術
モテる男の【出会い術】

モテる男になるためのエスコート術
モテる男の【エスコート術】

モテる男になるためのメンズ脱毛
モテる男の【メンズ脱毛】

モテる男になるための口臭予防
モテる男の【口臭予防】

モテる男になるための育毛剤
モテる男の【育毛剤】

モテる男になるためのワキガ対策
モテる男の【ワキガ対策】

モテる男になるための包茎手術
モテる男の【包茎手術】

モテる男になるためのペニス増大サプリ
モテる男の【増大サプリ】

モテる男になるための精力剤
モテる男の【精力剤】

モテる男になるためのHow to SEX
モテる男の【How to SEX】

 

 

 

おすすめ関連ランキング特集のご案内

 

ペニス増大サプリ人気ランキングBEST8【決定版】
増大サプリ人気ランキングBEST8

包茎手術おすすめクリニックランキングBEST8【決定版】
包茎手術おすすめクリニックBEST8

ペニス増大サプリメントおすすめランキング【決定版】
精力剤人気ランキングBEST8

 

 

 

【関連コンテンツPR】 ”個人輸入代行”で海外で人気の精力剤をゲット!

個人輸入代行のネット総合病院

 

 

『海外医薬品 個人輸入代行業者』を利用すると、より強力な強精漢方薬や安価なジェネリックED治療薬なども気軽に入手できます。

 

様々なジャンルの医薬品や海外の精力剤を合法的に、日本の薬局や医療機関より安く購入することもできますので、まずは人気の代行業者をチェック!

 

>>老舗&人気の個人輸入代行業 おすすめランキングBEST5

 

 


TOPページ 精力剤30選比較ランキング 増大サプリ30選比較ランキング